大変なお弁当づくりを楽にする5つのコツ

大変なお弁当づくりを楽にする5つのコツ

毎日のお弁当づくりって大変ですよね。
メニューを考えるのはもちろんですが、早く起きなければならないことが辛い方もいるでしょう。
でも、大変なお弁当づくりを楽にするためのコツを知っているだけで、大変なお弁当づくりを時短で簡単に済ませることができます。

お弁当づくりを楽にするためには?

お弁当づくりも毎日となるとメニューを考えるだけでなく、季節や体調なども考慮しなければならないので、最初から意気込んでしまうと、どんどんと辛くなってしまいます。
そのためお弁当を楽に作れるコツを知っておくと、苦手な方でも毎朝楽に作ることができます。

楽にお弁当を作るコツは?

休日に仕込みを済ませる

毎朝お弁当の用意をするのは大変なので、休日に何品か仕込みをしておくとお弁当のバリエーションを増やすことができます。
お肉は味付けを澄ませて冷凍専用の密閉容器に入れておき、使う分だけ小分けにしておくと便利です。
また彩りに使いやすいブロッコリーなどは、事前に茹でてから冷凍してお弁当に使う分だけ温め直すこともできます。

夕食のおかずをお弁当にする

夕食のおかずを翌日のお弁当にも使えるようにしましょう。
例えば夕食のおかずが揚げ物だった場合、翌日オーブントースターで温め直すだけでお弁当のおかずにすることができます。
余分に作っておくと朝が楽になります。

シリコン力ップにおかずを用意する

そのまま温めることができるシリコン力ップに、使いたい分だけのおかずをそのまま入れて冷凍しておくと、使うときにシリコン力ップを電子レンジで温めるだけでお弁当に入れることができます。
カップに盛り付ける手間を省くことが出来るので時短にもなります。

ご飯を焚いて小分けにする

毎日ご飯を炊かない場合は多めに炊いたり、炊き込みごはんなどを作って小分けに冷凍しておくと、毎日お弁当用に作る手間がなくなります。

同時調理をする

フライパンを使った料理をする場合や湯せんをする場合、同じ調理器具を使用することで簡単に作ることができます。
例えば、フライパンで魚を焼きながらウインナーを炒めるなど、ホイルなどを使って仕切りをすると味が混ざる心配もありません。
耐熱袋などに小分けに冷凍したものを温める場合も、同じお湯に入れておくと、同時に複数のおかずを温めることができます。

お弁当づくりもちょっとしたコツや方法を知っておくだけで、の忙しい時間を楽になるかもしれません。
これらの方法で、毎日のお弁当づくりを楽にしましょう。

ビューティーカテゴリの最新記事